株式会社TMEプランニング
≪Let Reform renovation≫
 T:たのしい M:みんなの E:いいくらし
☎0545-52-5338✉tmep.endo@gmail.com

電気についてお答えします

Q1.オール電化にしたいけど、メリットとデメリットが知りたい

オール電化とは、調理・給湯・暖房などの熱源を全て電気にするということです。
それに伴うメリットは
①安全:火が出ないので、火傷、不完全燃焼など火にまつわる危険性が少なくなります。
火災防止にもつながります。
②クリーン:機器に燃焼部分がないので、二酸化炭素などの燃焼ガスが発生せず、室内空気を
クリーンに保ちます。

デメリットは、調理用クッキングヒーターに適した鍋と適さない鍋がある為、現在ご使用の鍋を
買い替えなくてはならない場合が多いのです。最近はオールメタルなど、どちらにも使用できる
ものも多く出回っているため、お持ちの鍋でも使用できるものもあると思います。

一番心配なのが、災害時だと思います。 電気がないと使えないわけですから
プロパンガスを使用している場合はライフラインの心配はありませんが、都市ガスの場合はやはり
ガスの供給がなくなります。ライフラインの復旧の速さは電気が一番とされています。

以上のことを参考にオール電化を検討して下さい。

Q2.分電盤は、何回路必要か?

分電盤の回路数は、電灯コンセント回路・専用回路・予備回路の合計で決めます。

電灯コンセント回路:部屋の数によって違いはありますが、概ね坪数を5で割った数位あれば十分だと思います。

専用回路:専用回路の必要な機器の設置数で決めます。
専用回路が必要な主な機器
台所:電子オーブンレンジ・食器洗い乾燥機・IHヒーター
居室:エアコン
トイレ:温水洗浄暖房便座
洗面所:衣類乾燥機
浴室:浴室換気暖房乾燥機
給湯:ガス給湯器(外部コンセント)・電気温水器・エコキュート等

予備回路:予備回路は最低でも1~2は用意した方が良いです。

オール電化など回路数が多くなる場合、契約アンペア数も大きくなります。
40Aから60Aならば、現状の幹線で問題ないと思いますが、それ以上にしたいときは
幹線の引き込み直しも検討した方が良いでしょう。


お問い合わせはこちら


プチリフォームのすすめ

家の中で使い勝手が悪かったり、収納が少なかったりしていませんか?
押入って奥行きがありすぎて、布団いがいの収納には不便ですよね
100均で色々な物を購入して、一旦は収まりますが、すぐ壊れてしまって
無駄にしていませんか?
いつも使うところは、なにを収納するかイメージして、しっかりしたものを作りましょう。
収納は使い勝手が悪いと、無駄な物をしまっておくだけの場所になってしまいます。3年使わないものはでけるだけ捨てましょう。
断捨離するのも片付け上手のコツです。

収納を使いやすくするにはどうしたら良いか、わからない方
是非ご相談下さい。










 
PAGE TOP