株式会社TMEプランニング
≪Let Reform renovation≫
 T:たのしい M:みんなの E:いいくらし
☎0545-52-5338✉tmep.endo@gmail.com

床・壁・天井の構成

基本ルールを知って、オリジナリティを感じさせる部屋を作ろう

1.ベースカラーを上手にまとめよう

床・壁・天井で使う色は、部屋の大半を占めるので、ベースカラーとも呼ばれます。
色を決める基本ルールは、床➡壁➡天井の順に明るい色にする事です。
但し、天井は壁より少し明るい程度とした方がまとまります。

2.肌に直接触れる床と壁は素材にもこだわりましょう

部屋は生活の場です。長い時間、快適に過ごせるかが大切です。
床・壁は肌に直接触れる部分でもあるので、素材選びも重要なポイントです。

床は無垢フローリングが自然素材で肌触りもよいので、お勧めですが、自然素材である為
デメリットもあります。機能性・価格なども考えると、塗装済みの突板フローリングもよいと
思います。アレルギー等お持ちの場合、カーペットはダニの発生も考慮するとあまりお勧めできません。

壁は調湿効果のある塗り壁もよいですが、小さいお子さんがいる場合は汚れが落ちにくいので
ビニールクロスなど拭き取りができるものの方が良いでしょう。ビニールクロスは自然素材に近いものも
多くあります。又アクセントで、エコカラットなどの調湿効果のある素材を1部に使用するのも良いでしょう。
床同様機能性・価格・維持なども検討しましょう。

3.壁と天井にアクセントをつけて、部屋をセンスアップしましょう。

ベースカラーが決まったら、せっかくのリフォームだから、センスアップのアイデアをとり入れよう!
壁のアクセント:
①腰の下部分を板張りにしたり、ビニールクロスを上下で変えてはいかがですか?

②壁の1面だけを異なる色や柄、素材を選ぶ方法もあります

③壁の1部をくぼませた”ニッチ”も効果的に使って、観葉植物や雑貨などを飾るのも良い演出です

④天井なら中央部分だけを高くした”折り上げ天井”にして、その部分だけ、色や柄を
変えたり、照明を組み込んだりすれば、アクセントになるうえ、広々感も演出できます。

※弊社事務所を参考までに掲載します
天井:折り上げ天井(クロス柄を変えています)
壁:ニッチ(クロス柄、天井の折り上げ内のクロスと同じ)
トイレ壁:見切りを入れて平面でクロス柄変更(アクセントに鏡と照明)
別の面を1面のみ、クロス柄変更(見切り部と同じ)

色相は3色(無彩色除く)、トーンはビビットやダークを組み合わせています。
1部柄クロスは、同柄の色違いを使用しています。
床:土足OKのフロアータイルを使用、通常のフローリングより安価ですが、熱に弱いです。
壁:全て、ビニールクロス、色、柄、機能性、価格共よく使われます。

少しの工夫で変化が楽しめます。参考にして見て下さい。





天井の1部を変化をつけるため、折り上げ天井にして内部クロスの柄を変えました
壁の1部クロス色トーンを変えています。又ニッチをつけ、観葉植物をアレンジしました。床・テーブル・小物はダークやブラックカラーでまとめました。
トイレの壁の1部に見切り棒を入れ平面で柄を変えています。安価な方法です。さらに鏡をつけ狭い部分の広がりとアクセントにしました。
同じトイレですが1面のみ柄クロスとしてアクセントにしています。柄は鏡の下地と同じ。店舗天井で使用した柄と色違いです。

お問い合わせはこちら


プチリフォームのすすめ

家の中で使い勝手が悪かったり、収納が少なかったりしていませんか?
押入って奥行きがありすぎて、布団いがいの収納には不便ですよね
100均で色々な物を購入して、一旦は収まりますが、すぐ壊れてしまって
無駄にしていませんか?
いつも使うところは、なにを収納するかイメージして、しっかりしたものを作りましょう。
収納は使い勝手が悪いと、無駄な物をしまっておくだけの場所になってしまいます。3年使わないものはでけるだけ捨てましょう。
断捨離するのも片付け上手のコツです。

収納を使いやすくするにはどうしたら良いか、わからない方
是非ご相談下さい。










 
PAGE TOP