株式会社TMEプランニング
≪Let Reform renovation≫
 T:たのしい M:みんなの E:いいくらし
☎0545-52-5338✉tmep.endo@gmail.com

カラーコーディネート

センスが良い空間を作るには、色の選び方や組み合わせがとても重要

色の仕組みを知ることが上手な色選びの基本です。

色は、色みのある"有彩色”と、色みの無い白・黒・グレーなどの”無彩色”の2つに
大別されます。
さらに有彩色は赤・青・黄など色の違いを表す”色相”に分かれます。
又同じ色でも、明るさや鮮やかさを表す”トーン”で分類する事もできます。


1.色を決める時には部屋の広い部分を占めるものから色を決めていきましょう

部屋の大半を占めるのは、部屋を構成する、床・壁・天井です。
これらの色がベースカラーとなります。素材によっても色の見え方
は変化します。
次に家具・カーテンなどのサブカラー、最後にクッション、雑貨のアクセントカラー
を決めるのが良いと思います。

2.色の組み合わせのパターンを考えましょう

色が氾濫したお部屋は、たとえ物が少なくてもゴチャゴチャした印象を与えてしまいます。
色は3~5色にまとめる方が良いでしょう。
色の組み合わせには、同系配色・類似配色・反対配色・同トーン配色があります。

同系配色:同じ色の、明度や彩度の違う色を組み合わせる方法
まとめやすいが面白みにかけます。無難にまとめたい場合などは
間違いが少ないですが、柄物や素材に変化をつけると良いと思います。

類似配色:同系色ではありませんが、色相(赤・青・黄・緑を色みの近い順に並べたもの)
の近い色、2~3色でまとめる方法
色の分量によって、印象が変化します。

反対配色:色相の反対にある色(補色)でまとめる方法
例えば赤の補色は青緑、黄の補色は青紫です
補色は相手の色を引き立てますが、どちらかをアクセントカラーとして使うと
良いと思います。

同一トーン配色:同じトーンでまとめる方法(ビビット(鮮やか)・ダーク(暗い)・ペール(薄い)
・ライト(浅い)・ブライト(明るい)などの各同トーンの組み合わせ
色数を増やしてもまとまりやすいので、失敗が少ない分おとなしい印象になりがちなので
1部柄物で工夫すると面白いと思います。

※トーンの違いによって受ける印象が変わるので、色選びと併せてどんなトーンにするかも
考えると良いでしょう
                  


お問い合わせはこちら


プチリフォームのすすめ

家の中で使い勝手が悪かったり、収納が少なかったりしていませんか?
押入って奥行きがありすぎて、布団いがいの収納には不便ですよね
100均で色々な物を購入して、一旦は収まりますが、すぐ壊れてしまって
無駄にしていませんか?
いつも使うところは、なにを収納するかイメージして、しっかりしたものを作りましょう。
収納は使い勝手が悪いと、無駄な物をしまっておくだけの場所になってしまいます。3年使わないものはでけるだけ捨てましょう。
断捨離するのも片付け上手のコツです。

収納を使いやすくするにはどうしたら良いか、わからない方
是非ご相談下さい。










 
PAGE TOP